世界遺産の水原華城(スウォンファソン)(韓国)

ユネスコ世界文化遺産に登録された水原華城(スウォンファソン)ソウルから30分くらいで比較的近く駅からも水原華城までタクシーで5分程度です。駅から2キロ位です。

 

水原駅内、結構立派です。思っていたより都会です。

 

正面から撮影出てすぐ撮影。やや下側からのアングルでした。

 

八達門。道路が回りを囲んでいます。




一周して歩いてみます。約1時間~2時間かな、、

 

八達門の近くにある観光案内とチケット売り場です。日本語が話せる方が居たので簡単にコースや歴史を説明して頂きました。人があまり居なかったので特別です。

 

チケットは大人1名KRW1000です。丸いシールを見える場所に貼っておけば途中止められることはありません。私は特に貼っては居なかったが止められることもなくずっと進んで行けました。一般人との仕切りがないので自由に入れるし散歩やランニングをしている方もいます。観光地と言うより公園ですね。

 

始めの難関、急坂を登って行きます。

 

ここまで登って一息中。街が一望出来ます。親父には辛さもありますがまだ始まったばかりです。




西南暗門。

 

 

西将台(華城将台)。ここが一番の高台になっており、町が一望出来る場所です。ほとんどの建物の中に入れて休憩(靴を脱いで床板の上に上がれる)出来ます。監視カメラは設置されていますがみんな今日は暑いので涼むために休憩してました。一応「世界遺産」なんだから有り得ないでしょう。建物が傷んじゃうし・・

 

ここから一気に下ります。年だから膝に来ますよ。

 

なにやら怪しい人物が・・

 

気になって近づくと人形だった。これはこの塀を造った際の再現らしいです。草が生えていたので草刈かと思った。

 

また、人形の作りが手抜きだな・・もっとちゃんと作らなきゃ・・

 

一番ショックだったのはこれって補修後だと思われますが現代のモルタルで全て補修されている。モルタルは薄いからすぐ割れるし割れた先から水が入るしいいこと無い。石垣も全て同じ。これだけの歴史もったいない。

 

北西にある大砲の模型と思われます。ここで敵陣を向かえ撃っていたんでしょうね。




横から見た長安門。半円形状にせり出しています。

 

正面から見た長安門。なかなか大きいです。通路はこの中も通れますしせり出した半円形状の通路も通れます。

 

どの建築物も綺麗な色で飾られています。ハトが多いので全て網で保護されています。

 

北水門(華虹門)。川の側には遊歩道があり観光客は下まで降りられ川沿いを歩いて下流まで行けます。川が汚いのは残念でしたが、水原華城(スウォンファソン)で有名な風景です。

 

華城御車。城内をぐるっとめぐっています。所要時間は40分~50分、韓、中、日、英 主要施設の案内サービスがあります。

大人:KRW3000、青少年:KRW2000、子ども:KRW1000

 

 

次回は華城行宮へ行ってみようと思います。


このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*