こんなところにもあった「さざれ石」

君が代に出てくる「さざれ石」

霞ヶ関の一角(文化庁旧舎裏側)にさざれ石があります。
知っていいる方は多いだろうか文科省の裏手に保存されています。
一見コンクリートの塊みたいな印象があり「なんでこんなものが・・」って言うのが印象です。

ひっそり置かれていました。

 




 


しかし国歌に出てくるほど有名なものです。
是非近くに行った際は一見価値ありです。

さざれ石とはいったいなんだろうか

元はほんの小さい石である。

長~い時間をかけて炭酸カルシウムや水酸化鉄などが固まり大きくなったものであり

見た目は悪いが捨てたコンクリートの塊にしか見えない。

日本全国にあるものだが大切に祭られているものがほとんどです。

日本人の気質によるものが大きいのか展示されているものや神として祭られている。

いずれにしても大切にされているのが実情です。

日本人って素敵ですね。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1332 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

1 Trackback / Pingback

  1. 金毘羅大權現宮にもあったさざれ石 – 自由な旅人

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください