鬼の舌震の看板発見

1990/08/26(日) 晴れ

鳥取市井出海水浴場を7:30に出発、途中まで夕べの大学生と10kmほど走って別れる。

自分は大山へと向かう。途中の地蔵峠で誰もいないところで一人で記念撮影。

 




 

次は鏡 ヶ城と向かったがすぐ帰りました。R183に入った時運悪く白バイの後ろになってしまった。

じれったいが仕方がないゆっくり走ろうと思っていたが白バイは制限速度30kmオーバーで走っていたぞ。緊急でもないのにずるいではないかい。

鬼の舌震って何だ?

横田町で鬼の舌震と言う看板を発見行ってみると駐車場から結構歩かされた。暑さもありしんどい。

もう少し、もう少しと歩きに歩き暑さで辛かった。本当は鬼のような形の何かあるのかと期待し歩いていたのだ。期待が裏切られた感じでした。それとも見逃したかな・・

(参考:鬼の舌震散策ガイドマップ)

 

R432の途中、上河井で掛合町の方へ抜けて日本海へ出ようと思ったが、上河井で知らぬ間に通り過ぎてしまい戻るのが面倒だったので、そのままR432を進む事にしました。

R54に出て途中ちゃんぽんを食べ広島市へと向けて走りました。

 




 

日本海側ルートを走るつもりだったが毎日続く暑さもあり山の中を走れば涼しいかと思い日本海側から広島に向けて山を越そうと考えました。結果は暑さは変わりませんでした。

今夜の泊まる場所を「キャンプ場BOOK」にて調べたがすでに通り過ぎた事に気づき悔しかった。

土師ダムに行ったらキャンプ場の看板を発見。

八千代町サイクリングターミナルで受付したら800円かかりました。

町での開発公社とあったので無料かと思ったのが甘かった。今日は本当に疲れました。

本日のキャンパーは私一人です。

 

・八千代町野営キャンプ場(広島県)泊

 

 


このページの上に移動

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください