恐ろしい狂犬病日本で発症

こんにちはsaiです。狂犬病と言う病気をご存じだろうか。
狂犬病ウィルスによって発症してしまう病気です。発症前なら何とか薬で発症を抑えられますが発症してしまえばもう手の施しようがありません。ほぼ100%死亡する恐ろしい病気なのです。

 

日本では法律で年一回の飼い犬への予防注射が義務化されていますが蓋を開いてみたら7割にとどまっている事が判明しました。日本独特の平和ボケでしょうか。もう数十年間日本では発生してないし過去の病気として忘れられています。

 

しかし愛知で静岡在住の男性が14年ぶり国内発症してしまったのです。この男性は9カ月前にフイリピンで犬に噛まれて感染したもようです。しかも病院には1度も行っていません。仮に病院へ行っていれば助かったと思われます。余りにも犬に噛まれた事への甘い認識があったのかも知れません。

 

現在日本での動物による狂犬病は、発生しておりませんが海外では毎年5万人が発症し亡くなっています。それほど怖い病気なのです。

私も去年まで中国に長期滞在しておりましたが街中には放し飼いの犬が沢山います。飼われているのか野良犬なのか分かりません。犬が近づけば怖いです。日本の様には簡単に近づけませんでした。それ位警戒してもいいと思います。自分の命は自分で守らないといけないのです。まだまだ海外の野良犬は危険だと認識しておいた方が良いかと思います。

日本では狂犬病は今でこそ遠い昔の様に記憶が薄れてきておりますがまだ安心は出来ません。犬を飼う義務として必ず予防注射は行いましょう。

それが飼い主の義務です。

 

※都道府県にもより違いはありますがほぼ狂犬病予防接種は、1匹:初回なら6,000円(税抜き)です。次年度より3,000円(税抜き)になります。

 






このページの上に移動

tabinin
About tabinin 1344 Articles
旅先での出会いや思い出を記載してます。バイク・電車・徒歩特に拘りはありません。自由気ままな旅を楽しんで行きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください